2021.11.08. | 

なんでも巻いちゃおう!素材も味もいろいろ楽しめる「肉巻き」:MotherRingサポーターさんのレシピ帖

地味だけれど、口にするとほっとする。シンプルな味で飽きることなく、身体にも優しい。

「おうちご飯」には、外食とは違う魅力がたくさんあります。
そんな「おうちご飯」のレシピを、「MotherRingサポーター(マザーリングサポーター。以下、MRサポーター)」のみなさんに伺いました。

MRサポーターは、産前産後の家庭で家事(料理、洗濯、掃除)、育児、母親のケアを行うプロのサポーターさんです。
産前産後のような、家庭が目まぐるしく変化するときにもほっとしたり、喜ばれる。
そんなとっておきレシピを教えていただきました。

子育て初期の家族を支えるMRサポーターのおすすめレシピとは?

赤ちゃんを迎える家庭にとって、新しく始まる生活は楽しみだけれど、不安もいっぱいです。最初は「夫婦で頑張ろう」なんて思っていても、慣れない家事や育児の大変さから、煮詰まってしまうことも。近頃、そんな産前産後の時期を、プロの手を借りて乗り切る家庭が増えています。

MotherRingは、産前産後サポートのプロであるMRサポーターと家庭をつなぐマッチングサービスです。看護師やドゥーラ、セラピストなど、MRサポーターにはさまざまな専門性をもった人たちがいます。料理、洗濯、掃除などの家事全般や、沐浴、授乳などの赤ちゃんケア、お母さんのリラクゼーションや育児相談など、それぞれの専門に応じたサービスを提供しています。

中でも食事づくりは人気のサービスです。産後の女性は「1ヶ月程度は寝て過ごすのが良い」と言われるほど休養の必要な時期。買い物どころか、キッチンに立つこともままなりません。料理が得意な夫でも、仕事や赤ちゃんのお世話をしながら家族分の食事の準備を担うのは予想以上に大変です。そんな時に、短時間でたくさんのお料理を、しかも、冷蔵庫にあるもので手早くつくってくれる人が自宅に来てくれたら、嬉しいですよね。

 

なんでも巻ける!家族みんなに好評な「肉巻き」

地主真樹(じぬし・まき)さんは、東京都内を中心に活動するMRサポーター。看護師として、また大家族の主婦として家事を担っていた時期が長く、専門性を生かした育児相談と料理づくりが得意だそう。「次の出産時もぜひ地主さんに来て欲しい!」とリピーターも多い、人気サポーターさんです。

おすすめレシピをたずねたところ、「いろいろなものをつくっているので絞りきれないです!」という地主さんが、悩みながら「これなら素材も味もいろいろ楽しめるから」と選んでくださったのが、「肉巻き」です。

「肉巻きというと、にんじんやごぼうというイメージがありますが、何を巻いてもOK。中途半端に残っている野菜を使い切りたい時に重宝します。野菜以外に、油揚げなども合いますよ」(地主さん)

訪問宅の冷蔵庫の中身と相談して決めるMRサポーターさんならではの、おすすめレシピです。

<肉巻き>

材料
・豚の薄切り肉(細切れではなく、長さのあるもの)1パック
・冷蔵庫の中にある野菜、キノコ類や油揚げなどの食材

つくり方
①野菜は10センチ程度の長さに揃えて切る。
②薄切り肉を広げて、肉の上に野菜をのせ、端から巻いていく
③巻き終わりを下にしてフライパンに並べ、火にかける。
④焼き目がついた頃に醤油やみりんを肉巻きの半分ぐらい入れ、煮る。

 

「煮る時間は、肉に火が通ってぎゅっとしまってくるのを目安にしてください。味付けは、醤油やみりんの時もあれば、和風だしを使うこともあります。夏ならポン酢味にしてさっぱりと。もちろん、シンプルに焼いて塩味にしてもおいしいです。訪問先のご家庭にある調味料でつくるので、試しながら味を決めることも多いですよ。」(地主さん)

中に入れるものと味付けの組み合わせを変えれば、いくつものバリエーションが楽しめそうです。

サポート先では、3〜4時間のうちに10数品つくるという地主さん。しかも、赤ちゃんの世話をしたり、お母さんの話し相手をしながらこの品数を作るというから驚きです。

「料理をしていると、お母さんがいつのまにか側にいらっしゃっておしゃべりが始まることがあります。横になって身体を休めてほしい時期ではありますが、悩みや聞いて欲しいことがたくさんある時期でもありますからね。調理の様子を見ながら『こんなに簡単なんですか!わたしも今度やってみます』と興味を持ってくださる方も多いです」(地主さん)

そこで、お母さんたちに「つくってみたい」と人気のレシピもご紹介いただきました。

 

揚げないからおうちでも簡単。「手づくり大学いも(風)」

<大学いも(風)>

材料
・さつまいも(1本)
・砂糖(大さじ2)
・水(大さじ1)

つくり方
①さつまいもは乱切りにして、水にさっとさらす
②電子レンジで加熱する(1本あたり600W3〜4分が目安)
※竹串で刺せるかどうかぐらいの固さを目安にしてください
③油を引いたフライパンでさつまいもを炒め、全面に焦げ目をつける。
④さつまいもをいったんお皿にあけ、フライパンで水と砂糖を熱して蜜をつくる。泡立ってきたら、お芋をもう一度入れて蜜とからめ、お皿にあける。

 

「おやつを買いにちょっとコンビニへ、というわけにいかない時期なので、レシピをお伝えすると喜ばれます。あくまで<風>なのがポイントで、本物と同じ作り方でなくても、十分大学いもの味がする!とびっくりされますよ」(地主さん)

地主さんのご飯が嬉しいのは、お母さんだけではありません。ご家族から事前に「真樹さんが来てくれるから、たくさん食材を買っておきました!」とLINEが届くこともあるそうです。

「お宅に伺うと、冷蔵庫がいっぱいになっていたり、食べたい料理のリクエストのメモが置かれていたり。楽しみに待ってていただいてるんだなと思うと、本当に嬉しいです」(地主さん)

料理のリクエスト以外に「育児相談メモ」を受け取ることも多いそうです。

「発達に応じた関わり方や、身体の様子の見方など、疑問点をメモにして残しておいてくださる方が多いです。看護師として、また自分の子育て経験からお伝えできることはお伝えしています。みなさんが一生懸命な様子をみるたびに、こちらも全力でサポートしたいと改めて思います」(地主さん)

今回ご紹介いただいた2品は、使う素材も調味料も台所にある基本的なものばかり。調理方法もシンプルで、料理を家庭で気軽に楽しむヒントになりそうですね。今後も、いろんなMRサポーターさんに、とっておきのレシピを伺います。ぜひお楽しみに!

 

MotherRing

産前産後の家庭とプロサポーターのマッチングサイト。
ドゥーラ・看護師・助産師・ベビーシッター・保育士など、様々な産前産後のサポーターが登録中。
家事(料理、洗濯、掃除)、育児、母親のケアなど、あなたにピッタリのプロサポーターが探せる・見つかるサイトです。
https://motherring.net/

地主さんのMotherRingサポーターページ
https://motherring.net/supporter/695/

ライター / 編集部 MotherRing

産前産後の家庭とサポーターをつなぐサイト「MotherRIng」の編集部です。 Mo:takeマガジンでは、サポーターさんから聞いた食のアイディアなど、家庭のごはんにまつわる様々な情報をお届けします。